借入金で遊ぶ

借入金で遊ぶ

シェイクスピアはかつて「借り手でも貸し手でもない」と書いていたので、この男は決してギャンブラーではないと思うかもしれませんが、歴史によればあなたは間違っています。資金を借りることは、常にギャンブルの世界の一部であり、良いことと悪いことのためであり、熱心なギャンブラーにお金を与えることは、損失をもたらすことなく金銭を得ることにつながります。伝説によると、誰も借りたお金を使って賭けたときに失ったことはありません。この迷信はあなたのお金を借りようとしている人が言うかもしれない便利なもののように聞こえるかもしれませんが、このクレームの背後にはプロのギャンブラーがいて、世界で最も有名なギャンブルのいくつかの場所で積極的にプレーヤーをサポートし、整頓された額

論理

この幸運の儀式に付けられたギャンブラーのロジックの一部は、モチベーションのアイデアに由来しています。お金を借りている人はスマートなベットをし、お金を借りた人を返済するのに十分なお金を稼ぐことにかなり集中しているということは、かなり受け入れられています。この種の一貫性のある一貫性は、最初は迷信に摂食され、その練習を引き起こした可能性が高い。賭けに積極的に貸し出すもう1つの理由は、お金を貸して利子とともに返済されることを期待している人が、収入源としてそこに借金を持っていることを好んでおり、このような古い妻の物語は、ピッチ。

最初のタイマーと貸し手

貸し借りの理由の1つと、借りたお金で遊ぶ力の信念は、しばしば初心者のギャンブラーであることです。初めてのプレイヤーの運を取り巻く別々の迷信があります。この迷信によれば、最初のタイマーの運は確実ではありません。あなたがカジノを訪問する場合は、初心者の幸運を賞賛している1,2人の人々が、彼らを金持ちにしているのを見ている可能性が高く、それだけで十分です。

モンテカルロのハイローラー

モンテカルロは、大きな勝利を得て評判を得ているギャンブラーにとってヨーロッパの主要な目的地の一つとして、ゲームの鷹の住居となっています。これらの人々は熱いストリークで初めて選手をスカウトし、彼らがプレーを保つために現金を提供することが知られています。

敗者はトラックに戻ります

経験豊富で懐疑的なギャンブラーの一例は、ブラックジャックテーブル「ジム」の荒れ果てた後、2009年にベガスで起こったときに借りたお金を使っています。現金が貧しく、事態が悪化する直前にカジノを離れることに決めました。それから彼は頭を下げて小さな低金利ローンを手に入れ、賢く賭け、頻繁に賭けないという考えを持っていました。彼の計画は、約6時間で約50回の小さなベットを行うことでした。結局、彼は成功し、すぐに賭け金を返すことができました。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.