幸運を呼ぶ蓮の花

幸運を呼ぶ花はいくつかありますが、その中でもよく知られているのが蓮の花になります。蓮の花が幸運を呼ぶと言われている理由の1つは、仏教と関係があるからです。仏教の中で代表的な花は蓮の花になります。これは、お釈迦様の仏像や絵画などを見ると蓮の花の上に座っていることがあります。蓮の花は、昔から仏教において幸せになれる花として親しまれており、現代でも仏教徒の多くは蓮の花を幸せの花として扱っています。仏壇に飾る花も、蓮の花を飾るお寺や家庭がある位です。

幸運のシンボルと言われている蓮の花は、仏教と関係があるばかりでなく自律神経を整えるものとしても知られています。つまり、蓮の花が幸福をもたらすとされる2つ目の理由は自律神経を整えてくれるからです。人間は、自律神経が整っている時は幸せを感じるとされています。自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っていますが、自律神経が整っている状態とは交感神経と副交感神経のバランスが取れている状態です。しかし、現代人は交感神経の方が優位になりやすく、自律神経が乱れやすい傾向にあるでしょう。ちなみに交感神経が優位になる環境とは、緊張をしいられる環境です。特に、大人になると会社に行き緊張をしいられることが多いでしょう。そうすると、交感神経が優位になり副交感神経があまり働かなくなるため、心の中が不安になる場合や暗くなることが考えられます。そこで、蓮の花を食べるとリラックス効果が生まれ副交感神経と交感神経のバランスを整えることが可能になるわけです。食事をしなくても、匂いを嗅ぐだけでリラックス効果があり副交感神経を高めてくれて、最終的に自律神経のバランスを整えてくれるでしょう。その結果、幸せな気持ちが強まります。

幸せを呼ぶとされている3つ目の理由としては、胃腸を整えて健康的に生きることができるからです。人間の臓器は、一度壊れるとなかなか元に戻りません。臓器が壊れた状態やうまく働いていない状態だと病気がちになりやすくなり、幸せな状態から遠のいてしまうでしょう。逆に、臓器が健康で調子が良ければ心も体も軽く幸せに感じやすいわけです。蓮の花には、質の高い食物繊維が含まれており、これを体内に入れることで胃腸の状態を良くします。また同時に便秘を防ぐ効果もあります。 それ以外に幸運とされているのは、ギャンブル運や金運が良くなることです。そのため、昔から縁起物として蓮の花を部屋の中に置いたり、蓮の花の置物を玄関に飾るなどしている家庭も少なくありません。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.