部屋の犬と一緒に遊ぶカード

私たちのほとんどは犬を愛しています。そして、人の親友にギャンブルを結びつけるためのある程度の知識があります。しかし、それはカードをプレイすることになると思います。あなたのおしゃぶりを部屋に持ち込むのは大きな間違いです。ギャンブラーがある限り、52カードデッキを使用せずにポーカーをプレイした日までに戻って、ポーカーと呼ばれる前でも、犬を部屋に連れて来るのは禁忌でした。実際、あなたはポーカーをしている犬の肖像を知っていますか?それは内部ギャンブルのジョークです。迷信によると、そのテーブルの犬はその日を過ごすつもりはない。肖像画の中のすべての混乱は、ポーカーテーブルの犬が悩みに過ぎないことを示すためのものです。

詳細

あなたがギャンブルをしている間に部屋に犬を抱えていないということは、確認バイアスと呼ばれることとは関係のある迷信のようなものです。あなたがお金よりも敵を増やす厄介なソーシャル・トレインの難破船を部屋に持っていく大きなポットを失うという逸話的な証拠がたくさんあります。いくつかは、犬がテーブルに近づくにつれて悪い幸運が増し、犬が遠ざかるにつれて悪くなるかのように、近接の問題であると考える人もいます。論理的に言えば、これは犬の好きな愛情のある性質のためかもしれません。そして、彼らは抱きしめて、緊張した瞬間にあなたの思考プロセスをそらすかもしれません。犬のタイプは、ブルドッグを持つギャンブラーにとっても非常に不運です。しかし、ほとんどの場合、どの犬も不運や気晴らしです。

言い訳

部屋に犬を持つことの嫌悪感のため、ほとんどのプライベートゲームや大きなパブリックカジノでさえ、犬をテーブルに近づけることを嫌う。この汚名はもちろん伝統の一部ですが、この非公式な禁止は、誰かにポットを失う原因となった犬の言い訳を削除することです。ギャンブラーは迷信だから、犬を遊んでいる間に真剣に犬を飼っている人がいるのは間違いない。しかし、一部の人々はゲームを無効にするために犬の言い訳を使用します。

ルールの例外とオンラインでの再生

あなたがギャンブルをしている間に犬をテーブルの近くに置くことに関しては、ほんのわずかな例外があります。そのうちの1つは、目を見ている犬の場合、または別の医学的理由で犬が必要な場合、もう1つは犬が他の誰かの幸運の魅力である場合です。テーブル。今やオンラインでギャンブルをしている人たちの中には、ギャンブルの儀式の世界で時代とともに変わることができることを示すために、家庭のルールに「犬の犬」を採用していないものもいます。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.